トヨタカローラ愛豊 健康経営宣言

 トヨタカローラ愛豊最大の財産は「人」、すなわち社員です。
 社員が心身ともに健康でイキイキと活躍できることが、企業活力の源泉であると考えます。

 トヨタカローラ愛豊では、安全と健康を最優先する意識の醸成と、社員一人ひとりが能力を
 最大限発揮できる「健康的な職場環境づくり」を目指し、会社と健康保険組合が一体となっ
 て、社員とその家族の健康保持・増進に取り組んでいくことを宣言します。

                             平成29年10月1日
                             トヨタカローラ愛豊株式会社
                             代表取締役社長 寺町 一憲

【重点取り組み事項】

  1.社員と家族の健康増進
     健康診断受診の徹底/家族の健診受診推進/生活習慣病対策強化/
     ストレスチェックの全社員実施

  2.健康的な職場環境づくり推進
     職場コミュニケーション活性化/メンタルヘルス対策/
     禁煙促進・受動喫煙防止への取り組み/各種ヘルプラインの周知

  3.ワーク・ライフ・バランス推進
     働き方変革による業務効率化推進/労働時間適正化/
     社員への健康教育と理解促進

   ※「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

  1. 健康経営宣言